災害に強いLPガス

「地震列島」と呼ばれるほど地震の多い日本では、災害発生時にも安定して供給できるエネルギー源を確保することが重要な課題となっています。LPガスは、各需要家ごとに個別に供給可能な「エネルギー」です。そのため災害発生時にガスの供給が遮断された場合でも、個別に調査・点検を行うことで都市ガス等に比べて相対的に早く復旧させることができます。
その特性を活かして、避難施設や仮設住宅等に、煮炊きやお風呂、暖房、発電など行うためのエネルギー源として迅速に設置し、被災者の生活を支援することができます。

被災3県における各インフラの供給不能戸数の推移(推計を含む)


ページの先頭に戻る