LPガスの特徴

空気より重い

LPガスは、空気よりも重く、万が一、空気と混じると低いところに集まります。
(LPガスは空気の約1.5倍の重さです。)

臭いをつけてある

LPガスそのものは無味無臭ですが、漏れた時にすぐに分かるように臭いをつけてあります。

クリーンなガス

LPガスそのものは、人体に有害な一酸化炭素(CO)などを含まないクリーンなガスです。

気化しやすく、液化しやすい

LPガスは、常温の状態では気体ですが、冷却したり圧力をかけると簡単に液化します。
液体のLPガスが気化すると、その体積は250倍になります。

LPガスの燃焼範囲

LPガスは、空気中に1.8%~9.5%混じった時、火をつけると燃え出します。
これ以上でもこれ以下でも燃えません。


ページの先頭に戻る