活動報告写真

福井県総合防災訓練の写真を掲載しました

令和元年11月2日(土)に、福井県総合防災訓練が、災害基本法及び福井県地域防災計画に基づき、防災関係機関が協力して迅速・的確に応急対策が実施できることを目的として、大野市真名川憩いの島にて行われました。

この福井県総合防災訓練に(一社)福井県LPガス協会、福井県高圧ガス地域防災協議会、(一社)日本コミュニティーガス協会近畿支部福井県防災会と共同で参加し、「LPガス漏洩時の緊急出動・応急措置訓練」を実施しました。

訓練内容
①LPガス配送中のトラックが地震に遭遇し、バランスを失いLPガス容器が転落・散乱し、容器バルブの破損によりガスが漏洩したため、運転者が緊急応援を福井県安全環境部危機対策・防災課に行う。
②福井県安全環境部危機対策・防災課は、防災計画にある指定公共機関である、(一社)福井県LPガス協会に緊急出動要請を行う。
③(一社)福井県LPガス協会は、「高圧ガス事故緊急マニュアル」に基づき、福井県高圧ガス地域防災協議会(以後、福井県地防協という)の指定防災事業所及び(一社)日本コミュニティーガス協会近畿支部福井県防災会(以後、福井県防災会という)に対して応援活動要請を行う。
④要請により現場に急行した、福井県防災会職員が現場への立ち入り区域設定を行い、付近住民への広報活動にあたるとともに、同じく要請により現場に急行した、福井県地防協の防災応援要員が防災工具によりガス漏洩修繕処置を実施し、ガス漏れ検知器による安全確認後、散乱した容器の回収を行う。
⑤福井県防災会職員が、復旧作業が完了したことを付近住民へ広報活動する。
⑥以上で訓練終了。


地震に遭遇しLPガス容器転落散乱

容器よりガス漏れ発生 運転手が緊急通報

緊急通報後、ガス漏れ発生広報

応援要請により各事業者到着

付近住民への広報活動とガス漏れ修繕活動

ガス漏れ修繕完了後の安全確認作業

付近住民への復旧作業完了広報活動

訓練会場撤収作業



ページの先頭に戻る